株式会社設立,電子定款認証,契約書作成,フランチャイズ契約書,法定開示書面

資本金の払込み

 

公証役場で定款認証が終わったら、次は資本金の払い込みです。

 

発起人個人(発起人が複数いる場合はその代表者)の金融機関の口座に各発起人が資本金を払込みし、その口座の通帳のコピーを登記申請書類に添付します。
払い込むのは、銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農協・商工中金などの金融機関(郵便局は除く)の口座となります。

 

(参考)
新会社法の施行前までは出資金を金融機関に払い込んで、「払込金保管証明書」というものを発行してもらう必要がありました。しかし、この発行には金融機関の審査が必要で、発行には数日を要し、手数料も数千円から2〜3万円程度かかるなど会社設立手続きの一番のネックとなる部分でした。新会社法では通帳のコピーでOKとなりましたので、手間もコストも随分かからなくなりました。

 

なお、資本金を払い込む金融機関の口座は現在発起人の方が使用している口座をそのまま使って頂いても大丈夫です。

 

また、資本金を払い込んだ金融機関イコール、設立する会社のメインバンクという訳ではありませんので、払い込むのはどこの金融機関でも構いません。

 

ちなみに、設立する会社の法人名義の口座は、登記完了後に法務局にて法人の印鑑証明書と登記簿謄本(登記事項証明書)を取得した上で、金融機関にて口座開設をすることになります。
登記完了前に法人名義の口座は開設できませんので、取引の関係で早めに口座が必要な場合は、早く会社設立手続きを済ませるしかありません。


HOME 事務所概要 取扱業務 アクセス お問い合わせ 電子定款サイト 契約書サイト