司法書士・行政書士ながふち事務所|公益法人設立・公益認定

新公益法人制度による移行・公益認定手続き

 

新公益法人制度が開始し、従来の公益法人である社団法人・財団法人(特例民法法人)は、公益社団法人・公益財団法人か一般社団法人・一般財団法人のどちらかに移行申請を行う必要があります。
平成25年11月末の移行期限までに移行申請を行わなかった場合には、解散となります。

 

また、新規の一般社団法人・一般財団法人が公益認定を受けて、公益社団法人・公益財団法人になることも可能です。
今後新規に公益法人を設立するには、まず、一般社団法人か一般財団法人を設立して、それから公益認定を受けて、公益法人となる流れになります。

 

既存の公益法人の移行手続きや、新規の公益法人の設立手続きをご検討の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
詳しくは、弊事務所が協力している公益法人専用サイトの公益法人の移行認定・移行認可・公益認定をご参照下さい。


HOME 事務所概要 取扱業務 アクセス お問い合わせ 電子定款サイト 契約書サイト