株式会社設立,電子定款認証,契約書作成,フランチャイズ契約書,法定開示書面

フランチャイズ契約書の特徴について

 

事前の説明会などで受け取った法定開示書面は、フランチャイズ契約書の要点をまとめたものですので、加盟検討段階では法定開示書面を納得のいくまでよく確認します。
そして、FC本部から十分説明を受けて、納得ができたら次にフランチャイズへの加盟契約となります。

 

フランチャイズ契約の主な特徴としては、
 ・内容が同一の契約書が使われる(FC契約書の約款性)
 ・事業者と事業者との契約となる(消費者としての保護がない)
ということが挙げられます。

 

 

FC契約の約款性

 

フランチャイズ契約をする場合、通常FC本部が用意した契約書を基に契約締結をすることになります。そのため、契約書の内容はできるだけFC本部に有利なように記載されている場合がほとんどです。そこで、自分に不利だと思われる部分については、極力変更してもらうようにしなければなりません。

 

しかし、フランチャイズ契約においては、加盟店ごとに内容の異なる契約をすることは稀で、内容が同一の契約書が使われることが通常です。ですから、加盟店に不利な内容についてFC本部に変更を求めても、変更を受け入れてもらえる可能性はほとんどないといってよいでしょう。

 

もし、その契約内容にどうしても納得がいかない場合には、その本部のフランチャイズ加盟はあきらめたほうがよいでしょう。。納得がいかない部分を妥協して加盟したとしてもいい結果は生まれないでしょうし、もし加盟して後にその部分でトラブルが発生したときには公序良俗に反する契約でない限り、自分で責任を取るしかなくなってしまいます。

 

 

事業者としての契約

 

フランチャイズに加盟する場合、法人で加盟する場合もあれば個人で加盟する場合もあります。その時、法人の場合は当然として、個人でフランチャイズ契約を締結する場合には、事業者と事業者との契約と扱われることになります。これはどういうことかと申しますと、たとえ個人として契約したとしても、いわゆる「消費者」として法の保護があるわけではない、ということです。

 

ですから、あまり法律や契約関係の知識がなくて、契約書をよく読まずに印鑑を押してしまったあとにトラブルが発生しても自分の責任になりますし、契約をした後に解除しようとしてもクーリングオフのような制度もありません。半分詐欺に近いFCに加盟してしまい後で訴訟を起こしても、そういう悪徳本部であることを見抜けなかった責任を負わなければいけないこともあります。

 

 

内容をよく確認すること

 

なお、全体的な特徴とまではいえませんが、フランチャイズ契約書の中には抽象的かつ曖昧な書き方をしてあるものが多いです。FC本部と加盟店との間の約束の証はFC契約書しかありませんので、曖昧な部分は極力確認しておかなければなりません。

 

また、稀にですが、法定開示書面とフランチャイズ契約書の内容が異なる場合もあります。有効性としてはフランチャイズ契約書のほうが優先されますので、先に確認した法定開示書面とフランチャイズ契約書をもう一度よく見比べてみるほうが良いです。

 

したがって、実際にフランチャイズ契約を締結する際には、自分で十分納得できるまで内容をよく確認し、不安であれば専門家に相談した方が良いでしょう。

 


HOME 事務所概要 取扱業務 アクセス お問い合わせ 電子定款サイト 契約書サイト