株式会社設立,電子定款認証,契約書作成,フランチャイズ契約書,法定開示書面

フランチャイズ本部の選択について

 

自らが加盟を検討するにあたって、フランチャイズ本部を選択するための情報収集としては次のような事項が挙げられます。

 

<FC情報の収集>

 

まずは各FC本部の情報を集めましょう。FC本部に請求すれば加盟案内の資料を送ってくれますし、今ではインターネット上で加盟案内を公表しているFC本部も多くなっています。

 

<FC本部への訪問>

 

資料を入手して内容を確認したら、実際にいくつかのFC本部を訪問して加盟条件等の詳細を担当者から聞きます。
FC本部によっては予め日程を決めて加盟希望者向けの説明会を開いているところもあるので、それを利用するのも手です。
この機会を利用して資料を読んだだけでは分からない点や疑問点を確認しましょう。

 

まだこの段階では加盟を検討しているだけですので、その場でFC加盟を決断する必要は当然ありません。
中には、「出店の枠が残り少しです」とか「今契約しないと加盟金が上がってしまいます」などと言って加盟を急かすFC本部もありますが、そのような本部は加盟店獲得のことしか頭にないことが多いので、よく考えたほうが良いです。

 

あせらず納得がいくまで検討することが大切です。

 

<既存加盟店へのヒアリング>

 

また、本部からの一方的な情報だけでは、本当のところは分かりません。そこで、すでに開店している他の加盟店に話を聞きに行くことが大切です。

 

ただ、いきなり忙しい時間に行っても話をしてはくれないでしょうから、事前にアポイントを取ってからの方が良いでしょう。「加盟を検討していますが、実際に営業してみて状況はどうでしょうか?」「事前の予想と異なったことは何でしょう?」と正直に聞けば、既存加盟店の方も結構いろいろと本音で話をしてくれるものです。

 

ここで気をつけなければいけないのは、本部から紹介された加盟店だけから話を聞いても意味がないということです。本部が紹介するのは優良な加盟店だけですので、実際のところが分かりません。

 

できれば最低3つ以上の既存加盟店から話を聞くようにしましょう。そうすれば、そのFC本部の実態がかなり明らかになると思います。

 

なお、新規のフランチャイズ加盟店募集を始めたばかりの新設FCの場合には、既存加盟店のヒアリングもできず、その他のポイントのみで検討するしかなく、本当にそのビジネスがFCとして成功するかどうかの高度な判断が要求されます。FCビジネスとして過去の実績がありませんので、このようなFCに加盟を検討する場合は相当のリスクを覚悟する必要があるでしょう。


HOME 事務所概要 取扱業務 アクセス お問い合わせ 電子定款サイト 契約書サイト